People社員インタビュー

これからの世界にとって
必要な仕事に
信頼できるメンバーと
取り組みたい

進藤 基
工事部
宮城施工センター
進藤 基

Motoi Shindo

進藤 基

入社理由

これからの世界にとって
必要な仕事に
信頼できる
メンバーと取り組みたい

もともと電気を学んでいたこともあって、太陽光パネルやエコにも興味がありました。
地球にやさしいということも、人類が生きていくためには大切なことです。
実は以前、太陽光パネルを搭載した船で仕事をした経験もあったことから、知り合いの紹介で選考を受けました。面接時に、工事部のメンバーが声をかけてくれたりと、職場での人間関係がとても良い会社だということが分かり、そのことも入社を決めた理由の一つです。

仕事のやりがいや面白さについて

メンバーと協力して
気持ちよく仕事を
進めていけること自体が、
とても価値のあること

工事部に入社して、はじめは現場の仕事に携わりましたが、今は現場の管理を行っています。工事自体も好きな仕事ですが、進行管理や現場のマネジメントも別の面白さがあります。スムーズに現場が進み、工事が完了した時には大きな達成感が得られます。そして、そのことで、お客様や会社全体、さらには社会全体に貢献できたと感じられることが嬉しいですね。
ひとりの力ではなく、信頼できるメンバーがいるからこそできることだと感じています。

メンバーとは、日ごろから仕事以外の話もたくさんするので、比較的、会話の多い職場かもしれません。「前職でどんな仕事に携わっていたか」、「趣味は何か」ということからも、一人ひとりの個性、価値観、得意不得意、好きなこと嫌いなことが分かります。より良い仕事を進めるうえでもそれぞれの才能をお互いに活かし合って仕事ができるような関係性がつくれると、仕事の質は間違いなく高くなります。お互いを尊重し合えるので全体にとって最適な選択ができますから。
例えば、工事の日程を組む時に、シフトが上手くいかない時には、必ず誰かが自主的に助けてくれようとするんです。本当にありがたいですし、その気持ちが嬉しいです。
そんなメンバーと一緒だから、現場を信じて任せることができます。
車の整備が得意なメンバーもいて、長距離移動の時には車輛の不具合に気付いて対応してくれたりと、お互いに様々な場面で助けたり、助けられたりしています。

進藤 基

将来の目標について

大きな組織も引っ張っていける
マネジメント力を身につけたい!

将来は、良いリーダーになれるよう努力していきたいですね。
指示を出すだけではなく、もっと本質的に現場を引っ張っていけるような要素を持てるよう、自分自身を成長させていきたいです。その上で、採用や人事にも携わりたいですし、組織全体をより高いレベルに育てていきたいと思っています。
社長にも、多くの意見やアドバイスを頂きながら、鍛えてもらっている最中です。
会社も急ピッチで成長していますから、組織が大きくなっても尚、マネジメントで貢献できるような力をつけたいですね。

進藤 基
進藤 基

Motoi Shindo

Information採用関連情報

ENTRY採用エントリーへ