People社員インタビュー

評価が公平だから、
一生懸命頑張れる

飯澤 夕稀子
仙台支店
総務部
飯澤 夕稀子

Yukiko Izawa

飯澤 夕稀子

入社理由

評価が公平だから、
一生懸命頑張れる

「年齢、社歴に関わらず評価される職場」ということに惹かれました。
それが実現できるということは、一人ひとりの取り組みをちゃんと見てくれる会社なんだなと。そういう風土があれば働いている人は一生懸命働いていけるのだろうと感じました。初めて面接で社長にお会いした時には、正直、テレビドラマに出てくるような社長だと驚きましたね。とても華やかなイメージでしたから。その一方で、経営手腕と仕事や人と向き合う姿勢に触れると、「この方だから、会社をここまで成長させることができたんだな」と、確信が持てました。スピードのある推進力は大きなパワーが無ければ生まれませんから。

仕事のやりがいや面白さについて

専門知識が仕事への意識や質を
高めてくれる

現在総務部で、太陽光発電や蓄電池に関わる東北電力への申請業務を担当しています。
太陽光発電を設置することによる電気契約プランの変更や、エコキュートなど新たに機器を取り付けた際の様々な変更内容を書類にして申請する役割を担っています。ご家庭ごとに配線や必要なアンペア数、機械の型番なども異なりますから、確認すべき要素も多く、しかも間違ってはいけない仕事です。

この仕事を通して、電気に関する専門知識が増えましたね。また、工事部や営業をはじめとする他部署との連携、別会社との連携も必要ですから、コミュニケーション力や組織全体の仕事のスピードを落とさないために気を配るポイントも少しずつ身についてきたと思います。申請後のミスは、全てをはじめからやり直さなければならなくなるので、納期を守るためにもあってはならないことですし、処理を正確に行うには提出する前に資料を読み込み、書類の一つ一つを何度も入念にチェック。確認を怠らないようにしています。年末や年度末に向けては書類の量も増えてきますので、この時期は特に気が抜けませんね。
知識が増えることで、対応できることが増えることも、私にとっては一つのやりがいです。

飯澤 夕稀子

将来の目標について

固定観念にとらわれず、
会社の新しい取り組みを促進!

もっともっと今以上に電気に関しても知識を増やしていきたいですし、総務部の一員としても先を見越して動けるようになりたいです。
人間、固定概念にとらわれやすく、前例に従うことでリスクが減るように思われがちですが、当社は日々新しいことに取り組もうとする風土がありますから、広い視点で現在の立ち位置を見極め、その先の未来へ向けて、新たな取り組みを始め易くしていきたいと思います。

誰かが困ったら、すぐに助け合える体制をつくることにも繋がりますから。

飯澤 夕稀子
飯澤 夕稀子

Yukiko Izawa

趣味や休日の過ごし方について

休日はライブに行ったりしてます。
いつか美味しいものも楽しみながら、日本一周するような旅をしてみたいですね。

Information採用関連情報

ENTRY採用エントリーへ